カテゴリー別アーカイブ: ハンガリー刺繍

カモミールの花

IMG_5090

先日募集をさせていただきましたワークショップですが、有難いことに満席になり、現在キャンセル待ちの状態となっております。

今後月1回のハンガリー刺繍教室として継続できたらと思っていますので、また詳細が決まり次第報告をさせてくださいませ。ありがとうございます。

さて、タイトルの件です。

今回ワークショップをさせていただくにあたり、必ず説明をしようと思っていました。(しばらく空いてしまいましたが)

「なぜカモミールを選んだのか」ということ。

はじめは、やっぱり人気のあるバラやチューリップにしようかと思ったのですが、初心者の方刺せるかな?と疑問に思ったのです。

例えばバラは華やかで目をひきますが、花びらの曲線が難しく花弁に向かって刺していく際、糸の詰め具合にとても気を配らなければいけません。初めての方もいらっしゃるかもしれないし、どなたに来ていただいても綺麗に刺せるモチーフをと「カモミール」を選びました。

カモミールはカロチャの刺繍の中でもひっそりと大輪の花の隣にあるような脇役のイメージがあるお花ですが、曲線が少ないこと、同じお花のモチーフが連なっていることが練習になりますので、初心者の方でも刺しやすいモチーフですので今回主役に大抜擢いたしました。

そういうわけで、マニアックな感じのする「カモミール」を第一回ワークショップにて楽しみたいと思います(^^)

お申込みの皆様、お会いできますこと楽しみにしております!

=お知らせ=
ハンガリー刺繍の糸を販売されているウェブショップMagyar Madar様のブログにて当ワークショップをご紹介いただきました。よかったら覗いてみてくださいね。この度のワークショップ開催の相談もたくさんさせていただきました。オーナー様の優しさが大好きです(^^)⇒記事はこちら

広告

2018年の旅

IMG_4670

以前に投稿したのが昨年の5月。約1年ぶりの更新に自分でもびっくり。

久々にハンガリー刺繍で小物を作りましたのでアップしようとブログを開きました。

ピンクッションとシザーキーパー。

どちらもオールドカロチャのデザインです。

 

この2年ほど(出産してからともいう)、日中は娘のお世話に忙しく、また細々としていた個人の仕事を夜中にこなし、針を持つ時間がめっきりなくなってしまっていました。気持ちの余裕がないとできないんですね、刺繍って。以前はストレス解消に刺繍をしていましたが、細々とした仕事をきちんとした形にしたいという気持ちと、日に日に手のかかる娘に挟まれ、バランスが取れなくななり、一時期心身共に疲れてしまって刺繍をしたいとも思わなくなってしまいました。

2017年はそんな状態で嵐のように過ぎ去り、記憶がありません(*_*;

2018年、今年はいろんな環境が整いつつあって、いろんな思うところがあり、いろんなことに挑戦してみようと思っています。

最近はインスタ一辺倒になっていましたが、日記としてこちらも更新していけたらと思います~(インスタでお久しぶり!なブログ仲間に再会し嬉しかったのです)

どうぞよろしくお願いいたします。

追伸
インスタのID変わりました macco_labo

ハンガリー刺繍の本

一度更新したら、割とすぐ書く気が起こるものですね。

刺しゅうはしていますが、ハンガリー刺繡はご無沙汰なワタシです。

以前からよく「maccoさんっていえばハンガリー刺繡だよね」と言っていただくことが多いのですが、ここ最近はハンガリー刺繡はしていなくて、クロスステッチなどをしています。最後のハンガリー刺繡はこちらの作品かな(コチラ)。

絶対はまるだろうな、でも手が足りないから我慢しようと思っていたフレメにも今年とうとう手を出してしまい、いろんなことがやりかけになっています。昨年谷崎聖子先生の講座に参加させていただいたイーラーショシュ(コチラ)も眠っています。

これは大変良くない状況!なので。。。

クロスステッチをしているときにふとサテンステッチが刺したくなり、これ以上やりかけを増やしたらいけないと「本を買う」ことで気持ちを静めた去年の秋。

秋は自身の誕生日もあるからでーんと欲しかったハンガリー刺繍の本を買ってしまった。

いろいろやっても、やっぱりこれが好き。

(ステッチャーさんにはわかっていただけると信じていますが、サテンステッチばかりしているとクロスステッチがしたくなり、またその逆になり。。。と行ったり来たりしています。なかなか仕上がりません。)

ハンガリー刺繍の本

オールドカロチャの本(青と赤2色のカロチャ)

白糸刺繍の本(夫氏からのプレゼント、買わせたわけではない)

ちょっぴり現代な本(写真や図解がすくなくハンガリー語攻めの困ったさん)

昔日本の展示会で販売された本(かなりお安く入手でき満足の一冊)

先日ハンガリー刺繍好きの友人にワタシのコレクションを見せましたところ「チャルカさんもびっくりの品揃えだね」とお褒めの言葉?をいただきました。笑 10冊くらいあるのかな??

もっともっと欲しい本があるのですが、なんせ古い洋書ですので高い~(T_T)

夫氏には、ワタシが死んだら本はブックオフには出さずにせめてヤフオクで売ってと言ってあります。こんな汚い本需要あるんか?と白い目で見られていますが。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ

インスタやってます~お気軽にフォローしてください♪ macco_tan