地震とその後

6月に起きた大阪北部の地震。

まさに我が家があるエリアでした。

朝、娘と支度をしていると、ごごごごごごと小さな揺れから突然大きな揺れになり、娘を抱いて急いで机の下に潜り込みました。

壁が割れたり日常のいろんなものが倒れたり、衝撃でした。

通勤途中だった夫氏は、ちょうどホームで電車を待っていたところで地震が起き、すぐさま家に帰ってきてくれました。

その後ガスが1週間ほど止まってしまうことになり、まさにNHKのニュースでは「被災地」と呼ばれ、まさか私の住むエリアが全国のニュースでテレビを通してみることになるなんてびっくりしました。

今もまだ避難をされている方もいらっしゃいますが、多くの方は日常を取り戻しつつあるのだと思います。我が家もしかり。割れた壁を直さなくてはいけないけれど、所詮壁です。

地震で、全国、海外のお友達からもお見舞いのメッセージをいただいたり、いろいろなお仕事を「大変なときですから」と配慮していただいたり、人様の温かみを感じました。

そして、予定していた刺繍のワークショップが延期となりました。

開催場所も高槻市にあり、ガラスが割れるなど被害があったため、地震のあと数日でしたので万が一何かあったらとの開催場所さまと決定しました。

すぐに延期の旨参加者さまにメールし、「こんなとき」に振替日をご案内することを迷ったのですが、参加者さまより「こんな時ですのでやりたかった」とお声をいただき、あぁ、みなさま共通の認識でよかったと安堵いたしました。

「こんなとき」と何事も慎むのはよろしくないのだと。(配慮は必要だと思います)

夫氏は地震のあと数日後に美容室を予約していました。ガスが止まっているので水のシャワーですが、事前に電話をして「カットだけですので行きます」と。

水のシャワーも気持ちよかったよ、と帰ってきて、美容室のオーナーさんに感謝されたそうです。個人経営の美容室、1週間もお客さま来なかったら大打撃ですよね。

被災地と呼ばれてみて感じたことは、普通の生活ができる人は何も慎むことはなく、普通の生活を送ったほうがいいのだということです。お買物だって飲み会だって、「こんなとき」だからこそ、できる人はされたらいいと思います、私は。

ガスが通ったとき、ガス屋さんが「この度は申し訳ございません。」と謝っていましたが、私は全国からヘルプで来てくれたガス会社の方たちが夜通し作業され、1軒1軒丁寧に回られている姿に感謝しかありませんでした。まわりに文句を言っていた人なんていませんでしたし、ママ友とはあと少し踏ん張ろう!と励ましあっていました。日本人の国民性に改めて見直しました。

家族で健康で元気に生活できることに感謝するとともに、この度の地震で被害にあわれた方へ心よりお見舞い申し上げます。

広告

わたしのこと

IMG_4082.JPG

久々にブログを更新したかと思えば、突然ブログにワークショップを告知したり。。。よくよく考えると、なんだか怪しいですよね。笑

こちらは私のプライベートブログとして、本業を明かしておりませんでしたが、ワタクシ、チェコのビンテージボタンの販売のお仕事をしています。

そう、この上にあります写真のボタンをネットショップやイベント出展にて販売をさせていただいております。

長野に住んでいるときから細々と準備をし、大阪に引っ越してきてから本格的にはじめ、5年目年になります。長いような短いような。。大学でロシア語を専攻し、東欧が好きで、手芸も好きで、そしたら東欧の手芸のお店をやってみようか、なんて感じでスタートさせた5年前の秋。

チェコのボタンに惚れ込み、それからずっとボタンの販売のみでやってきましたが、今年に入ってからいろんな理由で刺繍教室も始められたらと思い、来月初めてのワークショップを開催することとなりました。

プライベートとお仕事を切り離して考えようと、こちらのブログにはほとんど書いたことがなかったのですが、趣味をお仕事にしたら、プライベートなのか仕事なのかなんだかわからなくなってきました。笑

このブログは忙しさからなかなか更新ができませんでしたが、これからも「刺繍ブログ」として刺繍のことを載せていけたらいいなぁと思っています。

最後になりましたが、私のお店のHPは下記となりますので、お時間よろしければごらんくださいませ。

東欧手芸のお店 Anfisa【アンフィサ】
http://anfisa.main.jp/

これからもよろしくお願いします。

カモミールの花

IMG_5090

先日募集をさせていただきましたワークショップですが、有難いことに満席になり、現在キャンセル待ちの状態となっております。

今後月1回のハンガリー刺繍教室として継続できたらと思っていますので、また詳細が決まり次第報告をさせてくださいませ。ありがとうございます。

さて、タイトルの件です。

今回ワークショップをさせていただくにあたり、必ず説明をしようと思っていました。(しばらく空いてしまいましたが)

「なぜカモミールを選んだのか」ということ。

はじめは、やっぱり人気のあるバラやチューリップにしようかと思ったのですが、初心者の方刺せるかな?と疑問に思ったのです。

例えばバラは華やかで目をひきますが、花びらの曲線が難しく花弁に向かって刺していく際、糸の詰め具合にとても気を配らなければいけません。初めての方もいらっしゃるかもしれないし、どなたに来ていただいても綺麗に刺せるモチーフをと「カモミール」を選びました。

カモミールはカロチャの刺繍の中でもひっそりと大輪の花の隣にあるような脇役のイメージがあるお花ですが、曲線が少ないこと、同じお花のモチーフが連なっていることが練習になりますので、初心者の方でも刺しやすいモチーフですので今回主役に大抜擢いたしました。

そういうわけで、マニアックな感じのする「カモミール」を第一回ワークショップにて楽しみたいと思います(^^)

お申込みの皆様、お会いできますこと楽しみにしております!

=お知らせ=
ハンガリー刺繍の糸を販売されているウェブショップMagyar Madar様のブログにて当ワークショップをご紹介いただきました。よかったら覗いてみてくださいね。この度のワークショップ開催の相談もたくさんさせていただきました。オーナー様の優しさが大好きです(^^)⇒記事はこちら