夫氏スロバキアへ。

昨年のことになりますが。

夫氏が出張でスロバキアに行きました。

遠いので足を重そうに出発していった夫氏とは逆に、うらやましくてしょうがなかった私。

だって、スロバキアの刺繍興味ある!

「スロバキアで民族っぽい刺繍の本を買ってきてね」

と仕事で行くのに迷惑なお願いをして、はるばる買ってきてくれた本がこちら。

IMGP7618

えっと。

スロバキアでは3冊。イギリスの翻訳本と、日本人のスガシマユキさんの翻訳本、そして謎に中国刺繍の本。。

スロバキア→ドイツへ移動したので、ドイツでの本も2冊ありますが、こちらも翻訳本。

民族っぽい本を買ってきてとお願いしたじゃないかぁ~!!!

とか、言っちゃだめですね。ちゃんと「ありがとう」と心からお礼を言いました。

現地で刺繍の本を買ったらわざわざ写真付きで報告してくれるマメな夫。お願いしたものと全然違った本を次々と買ってくるので(あ、ごめんなさい。つい本音が。)、経由地のオランダから電話があって「オランダの刺繍の本もいる?」と聞いてくれたけど「いらない」って言っちゃった。

。。。(T_T)

ごめん、夫氏。

後々聞いたら、平日の日中は仕事で、本屋さんに行けるのは夕方から。あちらのお店はすでに夜にはほとんど閉まっているので限られた本屋さんの中で、店員さんに聞いて買ってきてくれたそう。民族っぽいのはなかったと。

ごめん、夫氏。

本屋のおばちゃんもアジア人男性がスロバキアで刺繍の本を買い求める意味を察してくれたらよかったのにね。せめてアジア系の刺繍本は回避できたかしら。それかアンティークショップに行って見てきてともっと無理なお願いをしたらよかったかしら。

以降、ハンガリーやチェコ、スロバキアの刺繍図案本があれば高くても国内調達をしているワタシです。

広告

2018年の旅

IMG_4670

以前に投稿したのが昨年の5月。約1年ぶりの更新に自分でもびっくり。

久々にハンガリー刺繍で小物を作りましたのでアップしようとブログを開きました。

ピンクッションとシザーキーパー。

どちらもオールドカロチャのデザインです。

 

この2年ほど(出産してからともいう)、日中は娘のお世話に忙しく、また細々としていた個人の仕事を夜中にこなし、針を持つ時間がめっきりなくなってしまっていました。気持ちの余裕がないとできないんですね、刺繍って。以前はストレス解消に刺繍をしていましたが、細々とした仕事をきちんとした形にしたいという気持ちと、日に日に手のかかる娘に挟まれ、バランスが取れなくななり、一時期心身共に疲れてしまって刺繍をしたいとも思わなくなってしまいました。

2017年はそんな状態で嵐のように過ぎ去り、記憶がありません(*_*;

2018年、今年はいろんな環境が整いつつあって、いろんな思うところがあり、いろんなことに挑戦してみようと思っています。

最近はインスタ一辺倒になっていましたが、日記としてこちらも更新していけたらと思います~(インスタでお久しぶり!なブログ仲間に再会し嬉しかったのです)

どうぞよろしくお願いいたします。

追伸
インスタのID変わりました macco_labo

ハンガリー刺繍の本

一度更新したら、割とすぐ書く気が起こるものですね。

刺しゅうはしていますが、ハンガリー刺繡はご無沙汰なワタシです。

以前からよく「maccoさんっていえばハンガリー刺繡だよね」と言っていただくことが多いのですが、ここ最近はハンガリー刺繡はしていなくて、クロスステッチなどをしています。最後のハンガリー刺繡はこちらの作品かな(コチラ)。

絶対はまるだろうな、でも手が足りないから我慢しようと思っていたフレメにも今年とうとう手を出してしまい、いろんなことがやりかけになっています。昨年谷崎聖子先生の講座に参加させていただいたイーラーショシュ(コチラ)も眠っています。

これは大変良くない状況!なので。。。

クロスステッチをしているときにふとサテンステッチが刺したくなり、これ以上やりかけを増やしたらいけないと「本を買う」ことで気持ちを静めた去年の秋。

秋は自身の誕生日もあるからでーんと欲しかったハンガリー刺繍の本を買ってしまった。

いろいろやっても、やっぱりこれが好き。

(ステッチャーさんにはわかっていただけると信じていますが、サテンステッチばかりしているとクロスステッチがしたくなり、またその逆になり。。。と行ったり来たりしています。なかなか仕上がりません。)

ハンガリー刺繍の本

オールドカロチャの本(青と赤2色のカロチャ)

白糸刺繍の本(夫氏からのプレゼント、買わせたわけではない)

ちょっぴり現代な本(写真や図解がすくなくハンガリー語攻めの困ったさん)

昔日本の展示会で販売された本(かなりお安く入手でき満足の一冊)

先日ハンガリー刺繍好きの友人にワタシのコレクションを見せましたところ「チャルカさんもびっくりの品揃えだね」とお褒めの言葉?をいただきました。笑 10冊くらいあるのかな??

もっともっと欲しい本があるのですが、なんせ古い洋書ですので高い~(T_T)

夫氏には、ワタシが死んだら本はブックオフには出さずにせめてヤフオクで売ってと言ってあります。こんな汚い本需要あるんか?と白い目で見られていますが。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ

インスタやってます~お気軽にフォローしてください♪ macco_tan