ステイホームと片付かないあの場所

今年に入って、オミクロン株の流行によりコロナをより身近に感じることが増えた。近隣の保育園は休園を繰り返し、いつかいつかと思ってはいたけど、いよいよ今まで一度も休園しなかった娘の保育園もついに休園となった。

市のほうからも家庭保育のお願いがあり、健康上や園やエッセンシャルワーカーの方のご苦労を考えると、そのように協力している。

が、しかし。

2ヶ月の赤子と6歳の幼児が家にいると全く何もできず!!

というか、6歳の幼児の遊んで遊んで攻撃に手がかかりすぎて、赤子の世話も家事も何もできない。。

なんでや〜。6歳差ですよ。

公園に行きたいと駄々をこねる姉のタイミングで、寝たばかりや雪がちらついたりなど、どんな状況でも外に連れ出され、室内でもバタバタと駆け回る姉にせっかく寝ても起こされる生後2ヶ月の赤子。

そんな状況で彼は悟りを開いたのか、ひとり寝という技を覚え出してきた。メリーを眺めて寝付き、ベビーカーに乗ればすぐ寝付き、チャイルドシートでもすぐ寝付き。

夜も3、4時間ごとにふにゃふにゃと起きるくらいで全く手がかからない優等生っぷりに母はびっくりしております。かしこ。

家の中で過ごすことが多くて、部屋が片付いてないととてもイライラしてしまうことに気がついて、コロナになってからは断捨離を進めていることは数回前の記事の通り。

寝室やリビングはだいたい片付いてきたので、子供が寝た後などに私の1番の気になっているところに亀のあゆみで少しずつ着手していっている。

私の作業部屋。笑

「刺繍部屋」と家族に呼ばれる作業部屋は足の踏み場もないほど布や小物が溢れていて、一つ一つ処分を進めているところ。フリーマーケットでもしたら、どなたか引き取ってくれるかしら?もう販売する予定のない刺繍作品などはインスタでプレゼント企画でもやろうかしら。でも誰も引き取り手がなかったら悲しくなるからと、勇気の出ない私です。

とにかく、物量の多い手芸愛好家。あるあるだと思うんですが、部屋のあちこちにあるこれ。

缶や空き箱。

細々としたものを入れてるのだけど、無印とかで一気に収納を買ってきて統一感を出したほうがきれいに見えるのか、はたまたこの愛らしい缶たちにひとつひとつ思い入れのある手芸資材を入れておくのか。

ひとつひとつ悩んでいたら、まったく片付く気配のない汚部屋刺繍部屋。

前にインスタに作業部屋が汚い旨を投稿したところ、手芸愛好家たちよりコメントがありまして、みんな部屋が片付いていないものだと安心した次第です。

片付かない刺繍部屋は続く。

好きな雑誌【暮らしのおへそ】

暮らしのおへそという雑誌が好きです。

デザイナーさんとか、音楽家とか、手芸をする人とかいろんな人の暮らしの根っこみたいなのを紹介している本。素敵な人の生活の一部を見られるって、なんだかドキドキする。

こちらの号は、大好きなモデルのはまじと、刺繍の大塚あやこ先生が載っていたので購入した。あぁ、やっぱり素敵。うんうん、そうかそうかと頷きながら、私もこうなりたいな、こんな生き方にしていきたいなと、その人の考え方に触れることで、刺激になる。

余談ですがこの号には勝間和代さんも載っており、シャープのホットクックを相変わらずこの本でも押していた。感化されやすく、子育てと家事の両立に悩むキャパの狭い私は今心の底からホットクックが欲しくてたまらないのです。時短万歳。

そして話は戻り、この本の最も好きなコーナー。

バッグの中身紹介。

昔から、雑誌変われどこのコーナーが大好きで、一時何を思ったのか日経womanを愛読していた時期があって、その時も出来る女系のバッグの中身を見るのが好きだった。

そこでなぜだか突然私もバッグの中身を紹介したい衝動に駆られ、カメラを手に取った。

財布はFURLA。アルコールとロクシタンのハンドクリーム。ダイソーで買ったチェブラーシカのポーチには最低限のコスメと薬を。バッグはハンドメイドのイベントで。最近は赤ちゃんのよだれを拭くためにガーゼのハンカチを持ち歩くことも。

って暇か〜!

誰が興味あんねん、と毎度突っ込みながら、実は知ってるのですよ、結構みんなこのブログを覗いていることを。

今まで全く意識してなかったけど、こないだふとこのブログの過去のアクセス数を見てみたんですよ。

そしたらね、とある年は1年間で約21,000回の表示、約8,000人のアクセスって、目玉飛び出ましたよ。そんな人数に私はこんなくだらないことを垂れ流しにしていたなんて。

ほんとは、刺繍にまつわるあれこれを書いていきたいのだけど、いかんせん左手に寝た赤子を抱きつつできることって、右手でスマホをいじることくらいしかできず。針を持つことが難しい。。

でも案外みんな、そんな何気ない他人の日常が気になるのかななんて思ってみた昼下がりです。刺繍ネタ、次回はきっと。

マキシマリスト

ミニマリストという言葉をよく耳にするようになって数年。

特にコロナ以降、断捨離を加速させたご家庭も多いかと思いますが、はい。私は自他共認めるマキシマリストです。

手芸家あるある、素敵資材を見つけると、とりあえず買っておこう精神\(^o^)/ハンドメイドのイベントへ行くと、あれ可愛いこれ可愛いと買ってしまい、古物なんかも好きだから、人が捨てるようなものまで収集する始末。

こちらに以前の家のリビングの画像がチラリ。

同じくマキシマリストの友人が言う。

ゴミにときめく、逆こんまり。

激しく同意!笑

狭い我が家の中で、私に与えられた一室は物に溢れもう作業するどころじゃない。机の上は大変なことになっている。

が、しかし。

赤子が誕生以降、私に大きな変化が起きた。

小さなはずが、なんだかとてつもなく大きな存在感!

娘と寝ていたダブルベッドは3人では窮屈になり、ベッドの隣にシングルの布団をひいて娘が寝ていたのだけど、そうするとクローゼットのドアが開かない。。ダブルベットを処分して布団生活へシフトさせるという、生まれてから寝室の大改造(無計画!笑)

先週末はリビングの配置換えといろいろ撤去。

脱マキシマリスト、宣言\(^o^)/笑

物が多くて身動きが取りづらく、自分のことは棚に上げて、ここ一ヶ月娘にいつも片付けなさいって怒ってしまってた。反省。。

部屋の片付けもそうだけど、普段から使い辛いと思っていたパソコンまわり。

Windows PCとChrome book、iPhoneとうまく連携してなくて、スマホで撮った写真をちょっとパソコンで使いたいとき、PCで加工した画像をChrome bookで上手く開けなかったりと、不便で着手したい。

そしてホームページも気になるところがあって、朝から赤子を背負って(実際は抱っこだけど)調べたり申し込んだり。産後7週のぼけた頭では読んでも読んでも、ロリポップが何を言ってるのか分からない。笑

普通、全部赤子が生まれる前にやるよね!

育児休暇とかないから、今月からぼちぼち仕事復帰、ネットショップを再開予定。仕事部屋を片付けなければ。

不安な気持ちのまま、夫は少し長い出張に旅立ち完全ワンオペ生活突入。

大丈夫かな!?\(^o^)/笑

オチのない、徒然の日記。さ、お昼ごはんにしますか。